2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2014.07.13

切り替えなう



気持ちを切り替えての筋肉勉強終了♪

明日は明日だ頑張ろう♪♪

シフトチェンジ中のアタマで考える

Tタッチとコンディショニングはとても共通点が多い気がするのだが
その事について唯一語れるであろう方といつかお話出来る日を
楽しみにしていたら辞めてしまったと御本人から伺ってとっても残念 (^^;;

でもまぁ そんな事はトレーニングでもTタッチでもよくある事で、、、

もしも今は辞めていたとしても それ以前に正しい情報の下
客観的にキチンと学ぶ事が出来ていれば
トレーニングもTタッチもコンディショニングも個人的に継続出来て
結果を出せるものだと思う


Tタッチとコンディショニングのどこが似ているのかと問われれば
私が一番感じるのは相手に寄り添う指導や手助けをする事だと答える


自分が何を知っているとか何が出来るとか新しい手技云々と言う話では全くない


あくまでも相手やクライアントの希望やゴールに近い結果を出せる
手伝いや処方を出し行う事だ


だけど それは相手の言いなりになったり言い分を聞くだけでは当然ない


言葉にするのは簡単だが実際に実行出来るようになるのは
相当な修行が必要なんだろーなぁー (^ω^;;


学びの道はまだまだ続く〜ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫

2012.10.09

いつも思うのですが

いつも思うのですが

無責任ぢゃありませんか?


繋がれている犬を一体誰が守るんだろう

2011.10.12

最高の賛辞

最高の賛辞

犬連れで伺うと必ずどなかかが

『犬が居たなんて思わなかった』と仰って下さる

何よりも嬉しい言葉です(^ω^)

美味しい

美味しい

ウニスパが食べたくて

河岸を変えてみたら

そのカフェはどんな犬でも受け入れる体制に変えたのか???

店に入るなりウメマメはマッチョな保護者の犬に思いきり吠えられました

あまりの大騒ぎに その犬連れマッチョグループに目をやると

保護者らしきマッチョは吠えはしないがコントロールはキカナイ一頭を誰かに託し

襲わんばかりに吠える犬の口を押さえながら外に出て行きました


その後

マッチョな保護者らしき人の連れマッチョは私達をずっと睨んでいましたが

睨む位に暇なら他所の犬に吠えかかるような悪癖をしつけ治して欲しいものです

誤解のないように記しますが

他犬に吠えかかる犬と暮らす事が悪いと思っている訳ではありません

ただ

世の中には犬が嫌いだったり怖いと思う方も多くいらっしゃいます

嫌いとか苦手だと思っていらっしゃる方々が今より嫌いにならない様に

我々 犬と暮らす人間は多少の気を遣わなくてはいけないと思います

犬が怖いと思う方の多くは犬の吠え声で恐怖を感じると聞きます

ならば

他犬に吠えかかってしまう犬と暮らす保護者は

その癖を正す事が出来ず その場を出て行く事しか出来ないならば

一言

『犬が吠えて申し訳ない』と謝る位の度量が必要なのかもしれません

もしも その度量があれば世の中は変わるのかもしれないと

昨今の『イマジン不足』を嘆く私達は深く思ったのでした(-ω-)

2010.07.30

綺麗な空

綺麗な空


昨夜は寝室の窓を開けたまま仕事に没頭してしまって???

気付いたら雨が降り込んでいて(@ω@)

独り静かに大騒ぎしてしまいました(^ω^;)


そんな小さな事はどうでも良いくらい

全てを拭い去って洗い流したような空

五感を幸せにするような 綺麗な空が朝を持って来てくれました


凡人刹那的感動体験ここにあり!


至高体験なぞどこにでもあるのだ

数十年前のコリンウィルソン講演会を思い出した朝でした♪

2010.06.06

花を買う

花を買う



いつもの場所で

アルマとの時間を

静かに思い出す


だから

埋め尽くすほど

花を買う


隠しきれない

沢山の思いを

並べて飾る



因果故か

二率背反は四率背反になる





愛するということは

偉大なる課題







2010.03.26

泣いてるの?

泣いてるの?

最近ママは泣いてばっかりで

あ〜ちゃんは悲しくなりますよ。。。





ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ



一体何が起きているのかわからなくて




とてもとても不安で


怖くて


悲しくなってしまうのです












ちゃんと元気で頑張るから







時々は


許してください

2010.02.21

お疲れ様な気持ち的徒然

お疲れ様な気持ち的の徒然

インドアのドッグショーは今のマメコにとても良い経験になったと思います


滑りやすいと噂の床には慎重な様子でしたが

リーディングエクササイズやTタッチやトレーニングと

顔見知りの方々の優しい対応や買い物ツアーで大分慣れたようでした(^ω^)







生後半年で生ませの親(千歩譲って繁殖者?)の判断で

(繁殖する人にはわかるのだと仰る方もいらして相当驚かされ.るのですが、仮に繁殖した人が
その命には生きる価値がないと命の存在をも否定するのであれば御自身で病院に連れて行き
処置をお願いする等の事を行うべきではないのでないでしょうか?)

殺されるために保健所に持ち込まれたマメコに血統書はありません

(余談ですが東京都では持ち込まれた動物はその日のうちに殺されます。)



だから



マメコがこの先アジリティを続けたとしてもこの会場で走れるチャンスはありません







それでも




社会的な経験は大切だと思います







写真は



一般家庭と同じ環境で生まれて

一般家庭よりも人が訪れる環境で育って

一般家庭よりも少し濃ゆい?刺激に慣れている仔犬達







生まれて数ヵ月の仔犬達も人と接したり色んな物を見たりして沢山学びます
















大切なのは犬達に無理のない社会経験をさせようという気持ちかもしれません













もしも純血種の犬と暮らしたいと思うのなら










どこかのショーウィンドゥの中からではなく





「犬を繁殖する」ということを大切に真剣に考えている




ブリーダーさんから迎えて欲しいと願います







そして





もしも








もしも興味があるなら







保健所に行ってみて下さい









家族を探す目的でなくても












ただ






行ってみて下さる方が一人でも増えたら嬉しいです











今日は少々気持ちがややこしいなぁ〜 (^ω^;)






ドッグショーに行くのは好きなのですが。。。

行くと何故か色んな思いが浮かぶのですよ。。。(-ω-;)ゴメンナサイ


2010.01.18

実録!!ペット産業の闇

タブロイド誌の様



今日の新聞テレビ欄のビートたけしのTVタックルの見出し



見出しはこの番組らしいと言えば仕方ないのでしょうね?



押し通そうとケンカ越しにギャーギャーと騒いでいる印象で普段は観ない番組



やっぱりなぁ〜と内容やコメントにガッカリしたり

頑張れ!と思わず出演者を応援したりしていました



こういう番組を観る時には


取り上げられるだけマシ?


放映されない方ががマシ?


色んな思いが浮かびます







なので



最近は番組に感想を送る事にしました







良かったと思う部分と残念に思った部分



番組を作った方達に伝えなくちゃイケナイ気がします




年とったから?


確かにそうかもしれません

いつ死んでもいいように自分が伝えたい事には責任持たなくちゃね





だって




自分にとって気になる問題なんですもの







やっぱりね。。。


この程度ね。。。




醒めた言葉で締め括るのは簡単です




でもね





批判したければ堂々と



思った事はハッキリと




言わなきゃイカンと思います




知ったフリして高みの見物



コレが一番イカンでしょう(-ω-#)

2010.01.08

ミコにゃんの

ゴハンとトイレ用の砂を買いにホームセンターに行ったら

やっぱり生体販売をしていた。。。(-ω-#)




どういう立場のなのか




トリミングテーブルにハーネスとリードで結ばれている犬


今にも飛び出しそうな状態で隣に置かれた猫用ケージの中の

猫を追いかける犬


隣の犬を追い続けてクルクル廻る犬





そんな犬達が小さなスペースにいた




そして

それを動物園でも見るようにキャーキャー騒いで見ている親子連れ





 

中でも驚いたのは



2009年11月15日生まれというトイプードルが

2010年1月10日までならナンぼ!と叩き売られていたこと。。。(@ω@;)




この仔は一体いつ母犬や兄弟と離されたのか???





この仔の社会化は???


この仔の行く末は?????








もしもワタシが何か尋ねた時



店員サンが




「ここで色んな人と触れあうので社会化は大丈夫です」





 

な〜んて言っちゃったりしたら



ワタシはこの十年余り演じ続けてきた「イイヒト」を返上して

大きな手でそやつの奥歯をガタガタいわせたりするのだけど



何やら忙しそうで今回は尋ねる機会がなかった







しかし。。。






嗚呼っ




もう

この国ではダメなのかもと思ってしまった















嘆いてばかりでは仕方ない



なんとかする方法を考えなくては。。。(-ω-)

より以前の記事一覧