2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

東日本大震災支援

2013.02.26

てな訳で

てな訳で

同級生蕎麦屋の店にも募金箱設置♪

こちらには可愛いバッチを置かせて頂きました(*^ω^*)

バッチ1つにつき100円以上の寄付を募っています♪

新聞バッグって知ってる?

新聞バッグって知ってる?

四万十川の自然を守る為に地元の女性が考案した究極の?エコバッグ

今ではインストラクターさんも増えて全国に拡散されているそうです

災害提携都市である相馬市の子供さん達の足長基金を募る活動をしているアネも

知り合いの方に作り方を習い 今では立派な新聞バッグインストラクターになりました

地元の仲間さん達と新聞バッグを作り販売し3.11で親御さんを亡くされた

子供さん達の支援を続けています


写真は言わずと知れた遠藤ミチロウさん♪

二本松市出身の彼は プロジェクトフクシマの発起人の一人です


持っているのはアネ作『プロジェクトフクシマの記事新聞バッグ』

ご縁が繋がりミチロウさんに手渡す事が出来ました(*^ω^*)♪



あの日からもうすぐ二年の月日が経過しようとしています

フクシマから離れた場所に住み日常に翻弄されていると

ついつい忘れてしまう事もあるのかもしれません


でも未だに避難所や仮設住宅で不自由な生活をされている方々

家族と離ればなれに暮らす人や警戒区域に取り残された動物達

命を守ろうと動物達の為に心も身体も犠牲にして働く方々

過酷な生活を余儀なくされている誰かがいる事は決して忘れられるべき事ではありません



いつか何処かで『IPPO絆の会』の新聞バッグに出逢ったら

どうかあの日の事を思い出して下さい

もし宜しければ手に取ってみて下さい


そして


あの日を忘れずに支援を続けている方々の思いを感じて下さい







それにしても。。。






ミチロウさんかっこ良すぎますっっo(^o^)o♪

2013.02.22

忘れちゃ

忘れちゃ

イカンよね!

2012.12.25

署名って

そんなに難しい事でしょうか?
それとも世の中の人は興味がないのでしょうか?
福島県大熊町は帰宅困難地域となりました
帰宅困難地域へは最低五年は帰還出来ないそうです
バリケードの張られた向こうには未だに動物達が取り残されたままです
餌もなく 冬の福島では簡単に水も凍るでしょう
動物達に保護や世話が必要なのは明らかなのに
生きる為に最低限の事すら今では許されなくなりました
今日はクリスマスです
もしも皆様に慈悲の心がありましたら
下記URLより署名をお願い致します
avaaz.org/jp/petition/pe…
そしてどうか忘れないで下さい
あなたの大切な家族である犬猫達と同様に
誰かの愛情を必要としている動物達がいることを

馬具屋の犬服?

商品の売上は被災馬支援にあてられるそうです。
着せたらマメラニアンやタフィーも凛々しく見えそう?(^ω^;;
blogs.yahoo.co.jp/sssaddlery090/…

福島県・警戒区域家畜支援 (@ginTOgin1) さんからのツイート

福島県・警戒区域家畜支援 (@ginTOgin1)
【松村直登/支援 ときぶーの時間 】 福島・警戒区域に残された動物(家畜やペット等)の管理・給餌活動を行う。冬場は牛の管理場の青草が枯れ餌が不足します。ご支援宜しくお願いします送付先blog.goo.ne.jp/tokigootokiboo…お問合せblog.goo.ne.jp/tokigootokiboo

公式Twitterアプリのダウンロードはこちらから

2012.12.24

ツィッターより

ねこねこ (@tomoneko488)
拡散願いRT @KOHARUCAT: 大熊町の帰還困難区域内へ、動物救護のための立ち入りが禁止されました。どうか抗議の電話を0120-26-3844 電話 0242-26-3844これでは動物たちが餓死してしまいます。25日からバリケード撤去要請の電話をかけて下さい。お願いします

公式Twitterアプリのダウンロードはこちらから